わが家のパプリカづくり

4月末に露地の畝とプランターに購入した赤や黄色のパプリカの苗を定植します

家庭菜園向きのパプリカの育て方です。パプリカは栽培期間が長いうえにたくさんの実を成らせますので、元肥、追肥ともに十分に与えて、絶対に肥料を切らさない様にします。 肥料には実肥のリン酸も施します。
大株で枝張りの良い木に育てればたくさんの収穫が期待できます。 実が多く付き過ぎた場合は摘果も必要です。
パプリカはピーマンと同じナス科の植物ですが、ピーマンは未だ緑の幼果を収穫するのに対し、パプリカは赤や黄色に熟してから収穫します。色がキレイなだけではなく、独特の甘みと食感があり、数もかなり成りますので作り甲斐のある野菜のひとつです。

AomusiGarden

パプリカの基本情報

ナス科、適応土壌酸度PH6-6.5、連作(3年程度空ける)、発芽適温25-30℃、発芽可能15℃~
生育適温20-30℃
日照-日向
連作に弱く、接ぎ木苗も一般的には売られていないので連作はしないようにします。

パプリカの栽培時期 (わが家の作型)

4月末から5月初めに苗を植え付け、7月中旬~10月下旬まで収穫します。
パプリカは発芽適温も高く、定植時期までに家庭で育苗するのは面倒なので苗を購入して定植します。
接ぎ木苗はあまり出回っておらず、自根苗を植えることになるので、連作にならないように注意が必要です。
育て方はピーマンと同じですが、熟して色づくまで3週間程度かかるので、収穫はピーマンより遅めになります。

パプリカの育て方 – 栽培のポイント

家庭菜園でパプリカを育てる際のポイントです。種を蒔いて育苗も可能ですが、中間地以北の場合は、保温設備が無いと適期に苗が間に合わないので、苗は購入して早く収穫を始めた方が得策だと思います。
どうしても自分で苗を作りたい場合は、室内で発芽させてからトンネルで育苗すれば可能です。
種も自家採種可能なうえに接ぎ木苗でもないので比較的難易度も高くないでしょう。ピーマンより苗代も高いのでやってみる価値はありそうです。

1.連作を避けて植え付け
自根苗なので連作は絶対避けることが重要です。

2.苗を植え付け当初は保温する
まだ夜間は寒い時期なので、植え付けたばかりの小苗は、ビニール袋などを被せて保温してやれば、活着と成長が確実に早くなります。
袋に穴をあけておけば日中高温になりすぎることがありません。囲いのビニールは5/中になり、気温が安定したら、取り払います。

3.畝は黒マルチ張
パプリカは高温野菜なので、マルチを張り地温を高めれば、根張り良く元気に成長します。

4.3本仕立てで枝配り
一番花の咲いた枝とその下の枝2本の合わせて3本を主枝として仕立てます。根本の枝や3本の主枝の分岐点近くの混み合った枝は切り落とします。
パプリカは一つ一つの実を大きく育てたいので、密集して実が付いた所や主枝の分岐点近くの下部に付いた実は摘果します。尚摘果した緑のパプリカはピーマンのようにして食べる事が出来ます。

5.適宜な追肥で大株に育てる
追肥をしっかり施して大きな株に育てれば、1本でも家庭では持て余すほどのパプリカが成ります。栽培期間が長いのでとにかく肥切れさせない様にします。

6.支柱と囲い紐で保護
実の重みや風で枝が付け根から裂けやすいので、支柱を立て、ヒモで囲うようにして保護しておきます。順調に育てばかなりの背丈になるので、支柱は1.5メートルは必要です。

栽培手順

準備するもの

①苦土石灰

雨で酸性に傾きやすい土壌を、アルカリ性の苦土石灰を混入することで酸度の調整をします。又苦土石灰はカルシュームとマグネシュームの補給にもなり、これら微量要素の欠乏による生育不良を防止します。
苦土石灰は粉状と粒状があり、粒状のものが、風に飛ぶこともなく、使い易く健康的なので家庭菜園では多くの人が使っています。
石灰にはこの他に消石灰と有機石灰があり、それぞれの利点もあるのですが当面この苦土石灰があれば何も不足する事はありません。

②化成肥料

窒素N、リン酸P、カリKの含有量がそれぞれ12前後のバランスのとれた配合で元肥と追肥の双方に使えるとの表記のある化成肥料が色々な野菜に使えて万能で便利です。
化成肥料は一般的に肥料成分が多く肥効が強い為経済的ですが、反面与え過ぎと根に直接触れるような施用は作物を傷める事があるので注意が必要です。
その為種蒔きや定植の1週間前までには施用して土とよく馴染ませておく事が基本です。尚化成肥料は本来即効性ですが製品によりゆっくり効く加工を施して元肥にも使えるものがあります。

③ヨウリン

く溶性リン酸20を含むリン酸肥料です。苦土とケイ酸も含み、アルカリ分が20%あります。主に果菜類の実付を良くするため、元肥として使われます。

④堆肥

遅効性の肥料ですが、土壌中の有用微生物の増殖を助けて土をふかふかにして水はけを良くして地力の維持向上にも役立ち、又連作障害の軽減にも有効とされています。
肥料成分はそれほど高くない為、過不足による直接的な影響は少ないですが、土壌の健全性を保ちながら長く野菜を栽培する為には毎作ごとに施用した方が良いと思います。
牛糞など動物性のものに植物由来の素材を配合した色々な製品が販売されているので、使い方と施肥量をよく確認して使用します。
尚堆肥だけでは野菜が成長する養分を賄えないので、普通は化成肥料と併用して使います。

野菜の肥料について

⑤パプリカの苗

4月末位からホームセンターなどに出回ります。家庭では1本で十分ですが、彩を楽しむ為に赤と黄の2本植えるのも楽しみだと思います。パプリカはおすそ分けしても喜んでもらえるので多少余計あっても困らない野菜です。

買ってきたパプリカの苗、1本でもたくさんの実が収穫出来るので、家庭では1~2本植えておけば十分です

土づくり

①苦土石灰の混入

定植の2週間前迄に鍬で土を良く耕して苦土石灰を混入しておきます。
苦土石灰の量は1㎡当たり150gとします。
パプリカは連作障害が強い野菜なので,ナス科の野菜を4年程度作った事がない場所を選びます。

②元肥入れと畝立て

定植の1週間前に元肥として化成肥料と堆肥を入れ畝を整えておきます。
畝幅は60㎝とし、板で表面を平に均しておきます。
化成肥料の量は1㎡当たり100-150gとします。ヨウリを50g/㎡施してリン酸分を補えば、花つき実つきが更に良くなります。
長い間収穫が続く野菜なので元肥はしっかりと施しておきます。

堆肥は製品により原料と成分が異なるので施す量は一概に言えませんが、毎作ごとに施している畑では、費用面からも多少は少な目でも良いと思っています。
わが家の場合は何を栽培するにしても毎作ごとに牛糞もみ殻堆肥を3㎡当たり中くらいの角スコップで軽く5杯程度と少な目ですが土の状態は健全に維持されているようです。
尚わが家では堆肥の量は野菜を問わずほぼ同量とし、施肥量は化成肥料の量で加減しています。
パプリカの元肥の入れ方は肥料の流失が少なく、長期間栽培に向く溝施肥が良いでしょう。

土作りの基本について

③マルチング

黒マルチを張ると地温が上がり活着と初期成育が良い、肥料持ちが良い、土が固くならず適度な湿度を保てる、雑草が生えないなど効果的なメリットがたくさんあります。

定植

ポットを逆さにするようにして苗を抜き畝に植え付けます。自家用なら1本で十分だと思いますが、複数植えたり、又他の野菜を隣に植えたりする場合は80cm間隔を取って植え付けます。
植穴に注水して、水が沈んだら植えるようにすると根付きが良いです。植え終えたらタップリ水を与えましょう。尚定植の前にはマルチ穴開け器で所定の株間を取って穴を開けておきます。
パプリカの小苗は夜間寒い間はなかなか成長してくれませんので、気温が安定する5月中旬位迄は支柱を4本立て、ビニール袋の底に通気孔を開けたもので、回りを囲う様に風除けしておくと成長が早まりしっかりした株に育ちます。
※株間は45~60㎝でも可能ですが、わが家では木を大きくするやり方なので、ピーマンと1本づつ植えて間を80㎝空けています。

※ポリエチレンをドーム状に成型した苗キャップがホームセンターなどで売られているので、定植後の苗の保温にはそれを使っても良いのですが、苗の周りに4本の支柱を立て透明なゴミ袋の底に数か所穴を開けたもので覆えば簡単かつ安上がりなうえ、袋はゴミ袋として再使用出来ます。

植え付け当初はビニール袋を逆さにして覆っておけば、ストレスなく早く成長を始めます

※生育の様子

定植後約2ヶ月、一番花の実は落としてありますが、次の実がピーマン位の大きさになっています。これから上部の花も結実して実の数は増えていくので、形の悪い実や込み入った場所の実を摘果し、良質の実を30個程度収穫することを目安にします。

パプリカは結実しても最初から実が色づいているわけではなく、ピーマンのような緑色のまま大きくなります。肥大し終えるとはじめは黒っぽく変色した後に次第に色づいてきます。

収穫

定植後2ヶ月半で収穫期を迎えて枝葉も繁茂して実もたくさん成り続けますので、実に青いところがなくなって完全に色づいたものから収穫します。
過繁茂にならないように適宜選定して風通し良くして元気の良い枝を育てる様にします。尚最初に付いた実で下部の枝別れ部分に挟まれたような形で付いた実や、形の悪い実は摘果してしまいます。
秋に気温が下がってくると熟しきれずに終わるケースもありますが、青くてもピーマン同様食べられます。又少し色づいていれば室内の日向に置いておけば色が付いてきます。

手入れ

※追肥

定植後は最初の実が成った頃から3週間ごとに化成肥料を1株あたり軽く1握り程度与えます。
最初はマルチをめくって畝の両肩から肩下に与えます。次からは畝間に与えます。
パプリカは長期間実を成らせ続けるので肥切れを起こさない様に注意して大株に育てれば多収が期待できます。

病害虫

新芽や軟らかい葉にアブラムシが付くことがあります。アブラムシは色々な病気を媒介するので注意しています。
パプリカは連作障害も強い上に接木苗なども売られていないので3年程度は同じ場所で作らないことが特に大事です。
又パプリカは実にタバコガの幼虫が侵入して実の中を食害することが多いので、発見したら薬剤防除します。

※高温対策

パプリカの実は35℃前後の高温下で強い日差しを浴びると表面が火傷してただれた様になってしまうので、そのような日が続く恐れがある場合は寒冷紗で陽ざしの調整をしています。

病害虫と対策、農薬についてはこちらをご覧ください

※整枝、支柱

パプリカは一番花の咲いた枝を主枝として、その上下の元気の良い枝2本を加えた3本仕立てを基本とします。その下から出た小さな芽は掻き取ってしまいます。
3本仕立ての枝からは脇枝も多数発生するので、分岐点近くの枝や風通しを悪くする枝を剪定して元気の良い枝を残すように常に手入れします。
パプリカは強風で倒れたり、実の重みで枝が分岐点から裂けたりするので必ず支柱を立てて支えます。支え方は自由ですが、株に沿って真っすぐに1本と、畝の周りに杯状に斜めに支柱を打ち込み紐で囲む方法でやっています。
まっすぐの1本は苗の時から主枝を留める為、囲い紐は畝の両側に延びる枝が下垂して裂けるのを防ぎます。尚最初についた実はうまく育たなかったり、主枝の分岐点で枝に挟まれたりしていびつな形になったりするので切り落としてしまいます。

パプリカのプランター栽培

丸型10号以上のプランターに1本植えて育てます。基本的には畝での栽培と同じですが、プランターの場合は限られた土量での栽培ですので、水分管理と肥料管理は特に注意を要します。
株が大きくなると水分の吸収も多くなり、その頃は高温乾燥の日が続き、水切れ事故が多発します。又そこまで成長するまでに養分を使い果たして上段が尻すぼみで勢いがなくなります。
そうならないように適切な追肥によって勢いを持続させることが重要となってきます。
不要な枝葉を整理して水分と養分の無駄な吸収を抑える事も大事です。極端な高温の日はプランターや用土が熱くなって株が衰弱するので、真夏は日照が午前中だけの場所に置くか寒冷紗で陽ざしを和らげてやるなどの対策も有効です。

栽培時期

4月下旬から5月上旬にかけて苗を植え付け、7月間中頃から10月末頃までの収穫です。

栽培手順

準備するもの

①丸形プランター

直径33-35㎝、深さ40cm程度の丸形10号プランター以上の大きさが必要です。

②野菜培養土

野菜専用の新しい培養土を使います。
古い用土を再利用する時は畑同様に苦土石灰や堆肥、化成肥料で事前に調整しておきます。培養土にはあらかじめ肥料が混和されていますが、パプリカなど長期に花実をつける野菜は不足しがちですので、元肥として緩効性の発酵油粕とヨウリンまたは又はマグアンプKを適量与えておく方法もあります。

草花兼用の培養土もありますが、高級品とはいかなくとも多少良質な野菜専用の培養土を使いたいものです。
赤玉土などの基本用土がしっかりと配合されて保水力、保肥力が優れているものは、再生しながら長く使えます。
新しい培養土を使えば病害虫のリスクが小さくて安心ですが、一度何かを栽培したものは病原菌や害虫の卵など心配も多くなり野菜が育つための養分も失われています。
再利用する場合は事前に日光や薬剤による除菌と殺虫そして失われた養分を補足するなどの土づくりが必要です。
又実際に用土を再利用する際は同じ土に再び同じ野菜や同じ科の野菜を栽培する事の無いように注意する必要があります。

プランター用土の再利用について

③鉢底石

水はけを良くする為に鉢底に敷き詰めて使います。ネットに入れて使えば土を入れ替える際に土と混ざらずに楽になります。

⓸パプリカの苗

時期になるとホームセンターなどにたくさん出回ります。赤、黄、オレンジなどがありますので、気に入ったものをプランターに1本植え付けます。

定植

①プランターに培養土を入れる

鉢底石をプランターの底が隠れる程度敷き詰め、上から培養土を鉢の縁から15㎝位まで入れます。ヨウリンまたはマグアンプKを軽く1掴み混ぜ入れておくと尚良いでしょう。

②苗の植え付け

苗を逆さにしてポットを外したら、プランターの中央に置き、まわりに培土を足して植え付けます。
培土はプランターの縁から5㎝の位置まで入れます。終わったらたっぷりと水やりをします。
夜間はまだ気温が低いので5月中旬ぐらいまではビニール袋などで覆っておくと良いでしょう。

植え終わったら周りに支柱を立てて、ビニール袋を被せて保温しておきます。

③整枝、支柱、追肥、収穫などの管理

苗を植え付けた直後は仮支柱を立て苗を紐で留めておけば、強風の際に安心です。ある程度成長してからの本支柱は中心に1本と周りに3本立てて、紐を回して枝折れを防ぎます。
最初に花を付けた枝の直下の脇芽を伸2本伸ばして合わせて3本の枝を骨格として株を大きく育てていくのは路地植えと一緒です。
込み入った枝や実は適宜剪定と摘果を行い形の良い大きな実を目指します。パプリカは生育旺盛で長期に亘って実を成らせ続けるので培養土に含まれていた肥料だけでは不足しますので、最初の実が成った頃から2週間に1回化成肥料2摘まみ施し肥切れさせないようにします。
週1回液肥も与え草勢を落とさない様にすれば、長期に楽しめます。追肥の際は培養土を少しづつ足して、最終的には淵から3センチ程度になるようにします。
秋になり気温が下がってくると熟しきれずに青い実のままタイムアウトになる場合もあります。少し色づいたものであれば室内の日向に置けば色づきが良くなりますが、そこまで成長してないときは青い実でもピーマンのように食べることが出来ます。

他の野菜の育て方と栽培時期はこちらから
栽培ごよみ わが家の家庭菜園での栽培時期や育て方などを参照していただけます
【わが家の〇〇〇づくり】で検索できる野菜ページもあります